基礎・全般

23 小さい頃は上手に叶えていた

昔、願いを叶えるのが上手なウサギの女の子がいました。
ケーキが食べたくなれば、その日の夜にパパが安かったからと買って帰るなどはしょっちゅうで、裕福な家ではないのにオモチャや洋服などをちょくちょく手に入れていました。新品の自転車を貰ったこともあります。

ウサギの子はそういうものと思い込んでいたので不思議に思っていませんでした。周りの友だちも同じような能力を持っていたのです。
でも皆、保育園や幼稚園に入る頃からだんだん下手になりました。

ウサギの子はわりと長くできたのですが、小学生になって少しずつ叶わなくなりました。イノシシの男の子と同じクラスになってからとくにそうです。
変わり者で暴れん坊でした。わざとではないみたいですが、平気でぶつかったり押したりします。
ウサギの子はイノシシを始めとする男の子たちの無神経さにイライラすることが多くなり、そのうち全く願いを叶えられなくなると、特別な能力のことは忘れてしまいました。

ウサギの子はやがて大人になりました。
結婚して子供が生まれても夫は子育てを手伝ってくれないし、経済的に生活を維持するのがやっとでした。
それでも何とかやりくりしていたのですが、子供が病気がちになり、夫が失業して収入が激減すると大ピンチになりました。

追い込まれたウサギは寝る前に祈るようになりました。
何日も祈り続けたある日、夢を見ました。小さい頃の自分がニコニコして願っている姿でした。
穏やかで、完全に信じて、もう手に入れたかのようにふるまっています。すでに叶っていると知っていたのです。すでに有るものが時空を超えた場所から運ばれてくるのを、疑わずに待つだけなのです。
夢の中でウサギは「あ~、この感覚だ」と呟きました。

目覚めたウサギはさっそく信じてみますが、心がザワザワして落ち着きません。心の中を見つめてみると、落ち着かない要素がたくさんありました。
過去の失敗や後悔、人間関係の悩みと怒り、現在のイライラとストレス、夫への不平不満、そして未来の心配……。

ウサギはこれらをゴッソリ脇に置こうと決めました。
考えないようにするし、思い出してもすぐ脇に戻すと決めたのです。

ウサギは上機嫌で過ごすようになったその翌日から小さな願いが叶うようになり、一週間もすると子供はすっかり健康になりました。
夫も仕事が見つかった上に協力的になったのです。
ウサギは以前より豊かになり、家族みんなで仲良く幸せに暮らしました。

(おしまい)

 



引き寄せの法則ジャンルのブログランキングに参加しています。
創作意欲やモチベーションの源泉になりますので
(つまらなかったらスルーして頂いて構いませんが、)
面白かったり、役に立ったと思ったら以下のボタンをポチッと押してください。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へにほんブログ村

 

こちらもよろしくお願いします
↓  ↓  ↓
人気ブログランキング

 

 


HOME (引き寄せの法則,寓話)  創作寓話リスト  禁無断転載 All rights reserved. 

-基礎・全般

© 2021 ムー屋寓話@引き寄せの法則