恋愛・婚活

27 思い込みに合致するとホッとする

2021年4月27日

少し昔、婚活をしている中年のメスのリスがいました。
若いリスと比べれば仕方ない部分もありますが、かわいい顔をしており、十分に魅力がありました。
でもメスのリスは、この歳では厳しいかもと思っていました。

婚活アプリはマッチングしてもなかなか会うまでに至らず、会えても二回目のデートに辿り着けません。
婚活パーティーに行けば、オスたちは若いメスに殺到します。
同じ土俵で戦うのはこの歳では厳しいと、本当に嫌になりました。

年代別のパーティーに参加すれば、ずいぶん年上の年配のオスが多く、うんざりします。
さらにこちらはオシャレして行ってるのに、ジャージで参加しているオスや、サンダル履きもいました。
清潔感に無頓着なオスも多いのです。ヒゲの剃り残し、鼻毛、不潔な爪などを見たら鳥肌が立ちそうでした。

外見だけでなく、内面に難があるオスもたくさんいます。
横柄な態度、女中や家政婦を探しているような質問、延々と仕事の話、質問にイエス・ノーしか答えず話を広げるつもりがない、そして酷いのになると無視するオスもいたし、ずけずけ歳だねと言う者までいました。

メスのリスは何度も婚活パーティーに参加するうち諦めようかと思いましたが、気力で踏み留まっていたら無口なオスと対面することになりました。
聞けば答えてくれますが、積極的に話してはくれません。若い頃は仕事が忙しく、仕事が落ち着いたら親の介護が加わり、気づいたらこの歳になっていたとボソボソ言いました。

確かに結構な年上です。外見はやや太めでモッサリしています。清潔感はありますが、格好いいところはありません。とくにピンと来なかったのですが、まともなオスは彼しかいなかったので、会の終わりにそのオスの番号を書いて提出したら、マッチングしていました。

お茶しようということになり、カフェに入ったら、打ち解けたのか少し話すようになりました。それでもボソボソとした喋り方です。
一時間ほどで解散しましたが、何を話したか覚えていません。

連絡先を交換したら、その日の夜からマメに連絡が来るようになりました。彼は対面ではボソボソですが、スマホの文字ではよく喋るタイプでした。
デートにも誘われました。へ~と思いましたが、メスは戸惑ってしまいました。ここ数年はオスにグイグイ来られた経験がないのです。ひょっとして何かの勧誘かセールスかもと心配になりました。

気になり始めたら、次々と心配になります。
長男なのか、介護はまだ続くのか、相手の実家に住むことになるのか、借金はあるのか、年収も聞いてないし、自分の仕事を尊重してくれるのかも聞いていません。

友達に相談してみたら「悩んでも仕方ないから直接聞いてみなよ」と言われました。
不躾かなと思いつつ聞いてみたら、いい面と悪い面がありました。
その事を友達に伝えました。
「悪い面のことを言うとき、なんで嬉しそうなの」と言って友達は笑いました。「お断りする理由が見つかってホッとしてるんでしょ」
「いやいや、そんな訳ないでしょ」と言い返しましたが、友達は確信していたみたいです。
「生理的にムリなら仕方ないけど、それ以外の絶対ムリという条件以外は、頭を柔らかくして真剣に前向きに考えて」と言われ、会話を終えました。

メスのリスは先入観で断るのは申し訳ないと思い、デートの誘いに乗ってみました。
彼は極度の人見知りだったのですが、デートを重ねて打ち解けると誠実さが滲み出てきました。

ですが身も心も捧げるみたいな若さはないし、フラれるショックはこの歳では辛いと思い、メスのリスは心にブレーキをかけるのも忘れませんでした。

彼は決して急ぐことはせず、その都度、立ち止まって一緒に考えてくれました。
メスのリスは信頼できるかもと気づいたら、もう歳のことは気にならなくなりました。
プロポーズされたのは、それからすぐでした。

(おしまい)

 



引き寄せの法則ジャンルのブログランキングに参加しています。
創作意欲やモチベーションの源泉になりますので
(つまらなかったらスルーして頂いて構いませんが、)
面白かったり、役に立ったと思ったら以下のボタンをポチッと押してください。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へにほんブログ村

 

こちらもよろしくお願いします
↓  ↓  ↓
人気ブログランキング

 

 


HOME (引き寄せの法則,寓話)  創作寓話リスト  禁無断転載 All rights reserved. 

-恋愛・婚活

© 2021 ムー屋寓話@引き寄せの法則