基礎・全般

28 ぐうたら悪魔と理屈の悪魔

昔、若い女性が星に願いをして眠りにつきました。
寝静まった頃、二匹の小さな悪魔が枕元から出てきました。「そうそう、イメージして願って、信じて待ってるだけで望みは叶うからね」とぐうたら悪魔が言って、ニヒヒと笑います。
「そんな訳ないじゃないか、行動や努力こそ必要なんだ」と理屈の悪魔が言います。
「でも悪いイメージを持ってると、行動や努力しなくても実現しちゃうじゃないか」
「それは、そうだけど」。理屈の悪魔が口を尖らせます。

「だからイメージして、あとは信じて寝て待てばいいんだよ」
「じゃあ、なぜ皆、引き寄せられなくて苦労してるのさ」
「それは、そうだけど」。今度は、ぐうたら悪魔が口を尖らせます。
「結局、行動と努力が伴わないと信じ切ることができないのさ」
「でもさ、行動と努力が必要なら当たり前じゃん。引き寄せの法則なんか要らないじゃん。俺は皆に楽してもらいたいのさ」と言って、ぐうたら悪魔がニヒヒと笑います。
理屈の悪魔は腕組みをしてふくれっ面をしました。

白い妖精が枕元から上がってきました。「コラッ、余計なこと言って引っ掻き回さないで」。
二匹の悪魔は怯みますが、すぐに立て直します。「ふん、力ないくせに」とぐうたら悪魔が言います。
「失礼ね。歴史上の偉大な発見や発明は全部私のおかげなんだから」
「でも、偉人たちは凄い行動や努力したじゃないか」と理屈の悪魔が言いました。
「それは、そうだけど」と言って白い妖精が口を尖らせます。

「皆、楽したいんだよ。だから寝て待てば、叶うものは叶うし、叶わないものは叶わない。それでいいじゃないか」
「いいえ、違います。貴方たち、波動を同調させるという視点が抜けてるわ。類は友を呼ぶ。同じ波動のものは引き合うというのが引き寄せの法則なの」
「どうしたら同調できるのさ」と理屈の悪魔が聞きます。
「もう叶ったように振る舞うこと。もう既に有るものと思い込むこと。叶った後の気分で毎日を過ごすこと」
「へ~、それだけなら楽だよな」とぐうたら悪魔が言いました。

「いやいや、お金持ちでもないのに、お金持ちのふりをしろってことでしょ?」と理屈の悪魔が聞きました。
「人前でやると頭のおかしい人って思われるから、こっそりやってね」と言って、白い妖精が苦笑します。
「でもさ、お金持ちの気分で過ごせって言われても、お金持ちになったことないのに分かんないでしょ」と理屈の悪魔が食い下がります。
「お金持ちならどういう言動するか、どういう判断をするかと常に考えるの。せこせこした行動や、みみっちい考え方を捨てる。少額の寄付をケチるとか最悪。お金ないと思ってるから寄付できないのよ。お金ないと思ってたら、お金のない現実を引き寄せるわ」

「ふむ」と言って理屈の悪魔が頷きます。「少額ならリスクもないし、すぐできそうだな。でも、やっぱり行動じゃないか」
「貴方、そうとう理屈っぽいね。素直じゃないと願望を遠ざけるわよ」。
理屈の悪魔がうろたえたので、ぐうたら悪魔と白い妖精は笑いました。

(おしまい)

 

※お知らせ:
寓話が30本になったら、1ヵ月ほどやり方を変えて、また寓話に戻るのを予定しています。前向きに試行錯誤中です♪

 



引き寄せの法則ジャンルのブログランキングに参加しています。
創作意欲やモチベーションの源泉になりますので
(つまらなかったらスルーして頂いて構いませんが、)
面白かったり、役に立ったと思ったら以下のボタンをポチッと押してください。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へにほんブログ村

 

こちらもよろしくお願いします
↓  ↓  ↓
人気ブログランキング

 

 


HOME (引き寄せの法則,寓話)  創作寓話リスト  禁無断転載 All rights reserved. 

-基礎・全般

© 2021 ムー屋寓話@引き寄せの法則