恋愛・婚活

40 秘中の秘 恋愛・婚活編(後編)

前編はコチラ

四人目の女性は特定の男性への片思いを捨てることができません。
言い寄ってくるもっと条件のいい他の男性には目もくれず、ひたすら両思いになることを祈っていました。
ある時、その彼が遠くに引っ越してしまったので、さすがに諦めようとしましたが、ついつい彼のことばかり考えていました。
結局、忘れることができたのは新しい彼氏ができてからです。
でもその新しい彼氏とも別れてしまい、しばらくすると復縁を願うようになりました。
寝ても覚めても両思いになれた元彼のことを考えるようになり、ぼうっとして何時間もたっていたと気づいたこともあります。
その元彼に新しい彼女ができたのではと想像してしまったときは頭がおかしくなりそうでした。
不安や欠乏感、依存心が執着させているかもという自覚はありますが、止めることができません。
大いなる存在は宇宙の巨大な鏡の向こうから
『執着はさらなる執着を引き寄せる。己を自ら鳥カゴに押し込むのは止めなさい。自分を解放してあげなさい』と呟きますが、地球のその彼女が耳を傾けることはありませんでした。

 

五人目の女性は容姿も年収も家事能力も性格も人並みですが、現状に満足しています。穏やかに上機嫌で暮らすのを信条としていました。
結婚できたらいいなと思ってはいますが、何が何でもという感じではなく、自然体です。
毎夜、ベッドに入ったときに「幸せ~」と呟くのが日課です。
そして全身の力を抜いて、深呼吸をします。腹筋を使って深く吐き、吐ききったところで鼻から息を吸います。
呼吸が整うと、大いなる存在に話しかけました。
「今日も無事に過ごせました。ありがとうございます。今でも十分幸せなんですが、恋人ができたらもっと幸せになりますので、一つよろしくお願いします」。
そして恋人とデートを重ねている姿を想像してニヤニヤしながら寝入るようにしていました。
実際に恋人ができても結婚相手になりそうかという目線でチェックすることはせず、ただデートを楽しむようにしていました。
その雰囲気は彼氏にも伝わり、いつも幸せそうにしてくれているので彼女も幸せでした。
とはいっても簡単にゴールインできる訳でもなく、出会いと別れを繰り返しますが、穏やかで上機嫌な彼女はいつも幸せでした。
それから少しずつ幸運が舞い込み、新たな彼氏と幸せを実感すると、さらに加速して幸運が舞い込み、最終的に思い描いた年齢でゴールインしました。
感謝しながら寝入る習慣は結婚しても変わらなかったそうです。
大いなる存在は宇宙の巨大な鏡の向こうで
『今この瞬間、自分を幸せにできる者は、未来も幸せであろう』と呟き、ニコニコしました。

(おしまい)

 

 



引き寄せの法則ジャンルのブログランキングに参加しています。
創作意欲やモチベーションの源泉になりますので
(つまらなかったらスルーして頂いて構いませんが、)
面白かったり、役に立ったと思ったら以下のボタンをポチッと押してください。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へにほんブログ村

 

こちらもよろしくお願いします
↓  ↓  ↓
人気ブログランキング

 

 


HOME (引き寄せの法則,寓話)  創作寓話リスト  禁無断転載 All rights reserved. 

-恋愛・婚活

© 2021 ムー屋寓話@引き寄せの法則